みんなの疑問

ホーム > みんなの疑問 > リスクはどのくらいあるの?

リスクはどのくらいあるの?

商品先物取引はハイリスク・ハイリターンの取引と言われます。少額の資金で大きな利益を追求できる反面、大きな損失を被る恐れもあるからです。商品先物取引では少額の資金で大きな取引が可能です。自分が実際にどれくらいの取引をしているかを知っておくことが大切です。
例えば、金先物取引の場合、1キログラム単位(1枚)で取引が行われます。ですから、1グラムが4,000円の場合、400万円相当の取引をしていることになります。現物を購入する場合には400万円の資金が必要ですが、商品先物取引では少額の資金(委託者証拠金必要額)を担保に取引を行なうことができます。
金の委託者証拠金必要額が20万円の場合、400万円の取引を20万円でできるのですから、400万円÷20万円で、約20倍の取引ができるということになります。
これをレバレッジ(てこの原理)効果と言います。
※ 委託者証拠金必要額は変更されます。

リスクはどのくらいあるの?

超入門!5分でわかる商品先物取引