みんなの疑問

ホーム > みんなの疑問 > なぜ、持っていないものを売れるの?

なぜ、持っていないものを売れるの?

商品先物取引ではその商品の値下がりが予想される時には売りからスタートすることで、利益を追求することができます。
買いは理解できる人でも、売りからは理解しにくい人が多いようです。実際、普通の取引では手元に持っていない商品を売ることはできません。
商品先物取引は将来の特定の日に受渡しをすることが約束された取引です。つまり、売買の対象となるのは現在の物ではなく、将来の物なのです。
将来のことなので、現在、物を持っていなくても売ることができます。もちろん、将来の特定の日には、売り方は買い方に物を渡す必要がありますが、通常は途中で反対売買をして、取引を終了します。これを差金決済と言います。

なぜ、持っていないものを売れるの?

超入門!5分でわかる商品先物取引