日経225

日経225先物取引ってどんな取引?

日経225先物取引では日経平均株価、つまり日本の株式市場の代表選手225銘柄の株価指数を取引します。

日経平均株価は東京証券取引所第一部の上場銘柄の中から、流動性や業種セクターのバランスを考慮して日本経済新聞社が選出し、指数算出をしています。

この日経平均株価を、将来の決められた期日に、あらかじめ決められた価格で売買する約束をする取引が日経225先物取引です。
先物取引なので売りからも取引ができ、日本経済が不況に陥っている時でも、それをチャンスにすることができるのです。

日経225先物取引は、
日経平均株価が「上がる」か「下がる」かを選択するだけの二者択一のシンプルな取引といえます。

個別の株式投資にはない、日経225先物取引の魅力!

  • 少ない資金で大きな取引ができる
  • 銘柄を選ぶ必要がない
  • 倒産リスクを軽減することができる
  • 相場の下落時でも利益を追求できる

※日経225先物取引は元本が保証されたものではなく、預託資金額に対して大きな利益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。

少ない資金で大きな取引ができる
少ない資金で大きな取引ができる

日経225先物取引は、FX(外国為替証拠金取引)やCX(商品先物取引)と同様、レバレッジ(てこの原理)を使って何倍もの大きな取引が可能となる証拠金取引です。
少額の資金で大きなリターンを狙えるため、たいへん資金効率のよい取引です。

※レバレッジが大きく、少ない元手で大きな利益を狙えるということは、反面、リスクも高まりますので、お取引には十分ご注意ください。


銘柄を選ぶ必要がない
銘柄を選ぶ必要がない

個別の株式投資を行う場合には、上場している4,000銘柄近い企業の中から、各企業の業務内容、業績動向などをいちいちチェックして投資銘柄を選ばなくてはなりません。
しかし、日経225先物取引では東京証券取引所第一部の上場銘柄225銘柄の株価指数を取引します。
各業種からバランス良く選出しているので個別の株を売買するのとは違い、どの銘柄で取引を開始するか悩む必要がありません。


倒産リスクを軽減することができる
倒産リスクを軽減することができる

個別の株式投資は投資先の企業が倒産した場合には、株券があっという間に「紙クズ」になってしまうリスクがあります。
しかし、225銘柄に分散投資していれば、そのうちの1社や2社倒産したとしても、リスクを軽減することができます。


相場の下落時でも利益を追求できる

日経225先物取引は現物株取引と違い、価格の上昇を狙った「買い」から入る取引だけでなく、価格の下落を狙った「売り」から入る取引も可能です。
「安く買って高く売る」だけでなく、「高く売って安く買い戻す」という2通りの取引手法があるので、相場の流れに左右されず、どのような局面でも収益のチャンスを得ることができます。

相場の下落時でも利益を追求できる


フリーコール
当社は、金融商品仲介業者として岡藤グループの三京証券株式会社で取り扱っている「日経225先物取引」をご紹介しております。
【手数料について】
最高手数料額は総約定代金の0.08%×1.08です。ただし、最低手数料額は2,700円です。
【証拠金について】
日経225先物取引の証拠金所要額はSPAN(R)証拠金の100%です。
※SPAN(R)は、CME(Chicago Mercantile Exchange)に登録された商標です。
【リスクについて】
株価指数先物の価格は、対象となっている株価指数の変動等により上下するため、これにより損失が生じる恐れがあります。
また、発生する損失の額は預託された資金に限定されません。取引金額は通常預託された資金よりも大きいため、預託資金額に対して大きな利益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。必ず契約締結前交付書面等の書面を十分にお読み下さい。
所属する金融商品取引業者
名称:三京証券株式会社 関東財務局長(金商)第2444号
加入協会:日本証券業協会