世界経済の行方と外国債券の投資戦略【東京】

「7」で終わる年は荒れるというジンクスがあります。1987年にはブラックマンデー、97年にはアジア通貨危機、2007年にはサブプライム問題が発生しています。 トランプ大統領の誕生で揺れる2017年の世界経済は一体どうなるのか? 岡藤グループの主席ストラテジスト郷右近要と外国債券に精通した東浦静男 が世界経済の行方と外国債券の投資戦略を徹底解説します。

 

テーマ

世界経済の行方と外国債券の投資戦略【東京】
〜「7」で終わる年のジンクスは今年も起こるのか?~

講 師

■講師

郷右近 要(ごうこん かなめ)【岡藤商事株式会社・主席ストラテジスト】

– プロフィール –

1989年より調査業務を開始。様々なコモディティの動きを見続け、現在は業界屈指のストラテジストとしてBloomberg、ロイター、共同通信社、時事通信社、株式新聞社、Plats、日経新聞などへマーケットコメントを提供しています。

「相場で勝つ唯一の方法は、動き始めの兆候をいち早く察知すること。そのためには海外マーケットの分析が重要!」と語る郷右近ならではの単純明快な相場分析は、取引に役立つこと間違いなし。

 

 

東浦 静男(ひがしうら しずお)【日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社・金融商品推進部長】

– プロフィール –

ブラジル国債を国内投資家に紹介した草分け的存在。現在は日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社金融商品推進部長、兼、岡藤ホールディングス株式会社経営企画室長として金融商品の企画、マーケティング等の運営を行っています。

開催日時 2017年3月25日(土)13時~15時(12時30分開場)
会 場

日本フィナンシャルセキュリティーズ東京本店(東京都中央区新川2-12-16)

tokyo

<アクセス>日比谷線八丁堀駅より徒歩5分

募集人数 50名(先着順)
参加費

無料

※当セミナーは商品先物取引および外国債券の契約締結の勧誘を目的としております。

※セミナーの中で商品先物取引、金地金、外国債券など当社取扱商品のご案内をいたします。

※商品先物取引に係る留意点についてはこちらをご覧ください。

※外国債券に係る留意点についてはこちらをご覧ください。

※講演内容は変更される場合がありますので、ご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。

主催:日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社 協力:岡藤商事株式会社 三京証券株式会社